キルト

キルト作品への思い
私は、着物や布を見ると、まず「 衣(ウェア)に」と考えてしまいます。
キルトは、洋服に使った後に残った古裂れを集めて縫います。
藍布が多い時は藍のキルト、赤の絹が集まると赤主体のキルト…と、素材には特にこだわりません。
ただ、刺し子の様に縫ったり、刺繍糸でステッチをしたり…と、いろいろな刺し方になりますが、
手で刺す箇所を入れるという事にこだわりを持っています。
それによって、弱くなった布や古い布が補強され、キルトとしてよみがえる事を願うからです。

キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品 キルト作品